名古屋で会社設立を考えるなら~手続き編 - はじめての会社設立in名古屋

名古屋で会社設立を考えるなら~手続き編

名古屋で起業を考えている方も多いでしょうが、会社や事業のイメージをどれだけ具体的に固めても、実際の手続きが終わらないと会社はできません。
知っておきたい会社設立の手続きをご紹介します。
この手続きの基本は、書類の作成になります。
これができれば手続きは半分終わったようなもので、あとはその書類を名古屋の関係機関へ提出し、認定や登録が終わればそれで会社ができあがります。

その書類とは、主に定款です。
定款とは、その会社の名前や代表者、所在地などを1つの書類にまとめたものです。
そのような基本情報のほかに、その会社の規則なども記入します。
その規則とは、たとえば株式会社の場合、発行した株式の取り扱い方法などですね。
ココで書かれた規則に沿って会社は運営されますので、特定の規則に沿っての運営を考えているなら、その内容は漏れなく定款に書かないといけません。
定款に書かれていない方針は無効となりますので、注意してください。

このように定款とは、どこの誰がどこに作った会社で、どのように運営されるのかを明記したものです。
コレを見れば、その会社についての詳細がわかるようになっているんですね。
このことから、定款は会社の憲法とも呼ばれます。
会社設立のためには、この書類の作成が非常に重要となります。
コレがないと、会社は作れません。
株式会社はもちろんのこと、設立手続きが比較的簡単といわれる合同会社でも、定款はやはり必要です。
合同会社設立がたのめる企業はこちらを参考にしましょう。
定款の作成が、会社設立の大きな手続きとなるでしょう。

定款作成の難易度は、やや高めです。
やはりその会社の今後が決まるような重要書類ですので、初めて起業する方が何も参考にせず、誰のサポートも受けずにすぐ作れることは少ないですね。
そんな定款の作り方ですが、その会社の発起人が自力で作る必要はありません。
もちろん作っても構いませんが、代行サポートなどに作ってもらう方も多いです。
また、自分で作る方も、作った定款はチェックを受けながら修正していき、完成に近づける方も多いsですよ。
自分一人でいきなり定款を完成させる必要はありませんから、安心してくださいね。
使えるサポートや、作った定款をチェックしてもらえる場所は、名古屋の中にたくさんあります。
これらサポートをうまく使いながら、定款をまず完成させてください。

定款ができたあとの流れについてざっとご紹介しましょう。
あとは公証役場という場所でその定款を認定してもらい、それが終わったら資本金を振り込んだあと、法務局での登記となります。
登記まで終われば、会社の完成です。
このような流れになりますので、定款さえ完成すれば、あとの手続きはそれほど難しくありません。

まずは公証役場での認定です。
その内容を第三者に証明してもらうための手続きで、公証人に定款をチェックしてもらいます。
コレを終わらせるため、認定の予約を取りましょう。
公証人のスケジュールもあるため、飛び込みで行っても認定手続きができないのが普通です。
事前に問い合わせをし、予約を取ってください。
自分で定款を作った方は、このときに定款に問題がないか事前にチェックもしてもらえます。

認定当日は必要物がありますので、忘れずに用意してください。
定款合計3部、会社の発起人全員の印鑑証明書、4万円分の収入印紙、認定手数料5万円、謄本手数料2000円です。
定款は公証役場に提出するもの、登記用のもの、会社の保管用のものと、合計3部必要です。
このときからこれら定款をすべて用意する必要がありますから、公証役場には合計3部の定款をすべて持って行ってください。

このような形になるため、この認定手続き時に定款の不備が見つかると、ロスが大きくなりがちです。
専門家による作成の代行やチェックを受けていない定款は、必ず提出前にチェックしてもらうことをオススメします。
定款に不備がなく、必要物もすべて揃っていれば、定款の認定は終了です。

コレが終われば、次に資本金を振り込みます。
このときに振り込むお金がその会社の資本金となりますので、定款に記載した通りの金額を口座に入金してください。
このときの口座はその会社の法人用の口座ではなく、発起人の個人の口座でOKです。

ここまで終われば、法務局まで登記の申請をしてください。
このときにも必要な準備物がたくさんあります。
登記の申請書、登録免許税の支払いのための収入印紙を貼りつけた用紙、登記すべき内容を保存した記録媒体、定款、資本金の払込を証明する書類、印鑑届出書などです。
会社の条件によっては、これ以外にも添付すべき書類が出る場合があります。
こちらも法務局にいきなり飛び込みで行くよりは、事前に連絡して必要物の用意やチェックなどを受けてから申請した方が、1度の申請で通りやすくなります。
申請が受理され、登録まで終われば、コレで会社が完成となり、手続きが終了です。

これは会社設立に関して全国共通の手続きですから、名古屋でもこの手続きを行えばOKです。
提出先への問い合わせは、名古屋の公証役場や法務局に行ってください。
専門家などによるサポートも多いですから、自分での手続きが難しそうなら、それらサポートを使うのもオススメです。