名古屋で会社設立の記事一覧 - はじめての会社設立in名古屋

HOME » 名古屋で会社設立

名古屋で会社設立

会社設立時の印鑑証明書と通数

 

会社設立時には、印鑑証明書が必要となってきます。
ここで気になってくるのが、どれくらいの通数が必要なのかということでしょう。
事実として会社設立の際には印鑑証明書も多々必要となる場面があり、その通数に関しても色々と悩んでいる方が多いと言えます。
ただ、結論を言うと通数はそれぞれの状況によって必要となってくる枚数が違ってくるため、具体的に「これ」と提示することができません。
必要に応じて印鑑証明書を用意しておくことが必要となるため、最低限だけ用意しておき、必要となった場合にはまた用意するというようにした方が良いかもしれません。
ただ、必要となる場合に関しても、初めての会社設立の場合はわからないことが多いです。
そうなった時、やはり情報収集はあらかじめ行っておいた方が良いでしょう。
会社設立を行う際、まずはどのような手続きや申請が必要となり、どのような書類が必要となるのかについては、把握しておくことが必要です。

しかし、多くの方は会社設立時に必要となってくる書類に関して、網羅しているということは、まずありません。
そもそも会社設立の際には必要となる書類も多く、手続き申請も煩雑です。
そのため、会社設立を難しいと思っている方もどうしても多いと言えるでしょう。
だからこそ、まずはしっかりと用意しておくものを理解して、準備を進めましょう。
ただ、どうしてもわからない場合は、専門家を頼りにするというのが良いかもしれません。
専門家であれば、どのような手続きにどのような書類が必要で、どのような申請にどのような書類が必要なのか把握してくれています。
印鑑証明書の通数も自分で考えるというよりは、専門家に相談して考えた方が良いです。
そうすることによって、より安心できるのではないでしょうか。
少なくとも、専門家に関してしっかり考えておけば、その他の手続きや申請でも役立つことは間違いないです。

まずは信頼できる行政書士や司法書士、税理士を見つけておくということも重要です。
そうすれば、より安心して対処できるのではないでしょうか。
基本的に専門家に相談するだけなら無料ということも多くなっているため、気軽に相談することが可能となっています。
もちろん、実際にサポートしてもらう場合は有料ですが、それでも心強い味方になってくれることは間違いないです。
そこをどうするかによって、やはり大きく変わってくるのではないでしょうか。
印鑑証明書の通数に関しても、まずは相談してみてください。

会社を設立させるのに発起人は何人必要?

 

会社を設立するとき発起人となる人は何人必要なのでしょうか。
会社を設立させたい人の中には、たくさんの発起人が必要なのではないかと思う人もいるかもしれません。
しかし、実際には1人でも問題なく会社を設立させることが出来ます。
そこで、発起人と役割、決定方法などについて見ていきましょう。

・会社を設立するときは最低1人の発起人が必要!
よく、「会社を設立を設立させたいが発起人は何人必要なの?」と思う人もいますが、発起人は1人以上で会社を設立できます。
発起人は人数制限がなく、誰でも発起人になることが出来ます。
なので、仮に未成年を発起人にして会社を設立させることも可能です。

・発起人は何をする人?役割は?
そもそも、発起人というのは、会社を設立するときの資本金の出資や定款の作成・認証などの手続きを行う人を表しています。
このため、発起人として設定する人数は、1人であっても全く問題はありません。
発起人は会社を設立した後、出資した資本金額によって株式が発行され、会社の株主となります。
これにより、発起人となる人の役割については出資、定款の作成・認証、株主としての意思決定などを行わなければなりません。

・発起人の決定方法について!
発起人が1人の場合は、発起人と株主、取締役などをすべて自分で行うことになります。
しかし、たくさんの発起人がいる場合は、提出する書類が増えたり、取締役などを決める必要があるため、会社の設立する際に時間がかかってしまうと考えられています。
たくさんの発起人がいる場合はその中から取締役を選定し、監査役を設置するか否か、取締役会を設置するか否かについても検討しなければなりません。
主に、会社の重要事項については株主総会で決めるのですが、合議決権により多数決で決めることもあるそうです。
なので、たくさんの発起人がいる場合は所有割合を決めておき、支配権を誰が握るのかについても考えておきましょう。

このように会社の設立における発起人の人数は、1人以上とされています。
1人以上であれば発起人がたくさんいたとしても問題はありません。
しかし、発起人が増えるほど会社設立における必要書類が増えてしまうので、1人ではなかったとしても少数でとどめておいたほうがいいと考えられます。
発起人が数人いる場合は会社を設立するにあたり、取締役会を設置するか否か、監査役を設置するか否かについても検討し、考えをまとめておいたほうがいいでしょう。

会社設立で大事な給与支払額の設定

 

ここでは、会社設立の際に頭を悩ませる事案のひとつ、「給与支払額」の決め方について、説明したいと思います。
給与の支払いは、自分を含む役員報酬と社員に支払う給与の2種類があります。
この給与支払額は、会社の行く末を分ける重要なポイントになりますので、金額を見誤らないようにしなければなりません。

役員報酬の設定の仕方なのですが役員報酬は原則一年間の固定報酬にします。
そうしなければ、役員報酬が会社の経費として認められないため、これは絶対にやっておいた方がいいでしょう。

固定給与とはいえ、決算から3ヶ月以内であれば金額を改定することは可能です。
例えば業績が良かった後の決算期に、役員報酬を見直す事はできることになっています。
ちなみに役員報酬には、残業代も休日手当もつきませんので、その点を考慮して金額を設定するといいでしょう。

次は、社員に支払う給料額の決め方についてです。
社員に支払う給料額は、労働市場の相場を調べておくことが大事になります。

例えば飲食店を始めるのであれば、飲食店のホールやキッチンスタッフの給料の、平均的な相場はいくらなのかを徹底して事前リサーチしておきます。
相場よりも高い給料を提示するのであれば人が集まりやすくなり、さらに福利厚生を充実させておけば良い人材が求人に応募してくるようになります。

逆に相場よりも低い給料を提示してしまうと、求人の応募者が少なくなってしまいます。
常に人手不足で困っているようなお店はいつも職安に求人を出すことになり、人の出入りが激しくなりなかなか人材が育っていきません。
ですから、給料は、あまりケチり過ぎてしまうのは良くないのです。

とはいえ、事業を継続していくためには、人件費を以下に抑えるかについても考慮していかなければなりません。
この辺りが経営者としての腕の見せ所となりますので、ひとまずは競合他社の給料相場をチェックして、相場より少し高い賃金を設定するのが一番良い方法かと思われます。

ちなみに、社員に支払った給料や会社が半分負担した健康保険や厚生年金などの社会保障費は、経費として計上して、売り上げから差し引くことが出来ます。
利益さえしっかりと捻出できれば、人件費は節税できる経費ということになりますので、営業などに使う人件費は、あまりケチらない方がいいです。
実際に、とある運送会社では、給料を上げて福利厚生を充実させることで、良い人材が集まり、業績が上がったケースもあります。
ですので、予算を掛けるべきところはしっかりと掛けることが肝心だといえるでしょう。

手続きの注意点

名古屋では起業サポートなども多く、会社設立も比較的やりやすいエリアですが、ココで知っておきたい手続きの注意点をご紹介しましょう。
まず、会社設立の手続きにも一定の費用がかかります。
手続きを進める中でコレを払う必要がありますから、必要な金額は事前に準備しておきましょう。
手続きの注意点 ≫ Click

自分でやるときの基本

名古屋で会社設立する方も多いですが、手続きを自分でやるつもりの方もいますよね。
この手続きは代行をお願いする方も多いですが、どのように手続きするかはそれぞれで自由に決められます。
自分でやると代行手数料などもかかりませんし、会社の成り立ちなどを深く理解できるという利点もありますね。
自分でやるときの基本 ≫ Click