会社設立にかかるスケジュール - はじめての会社設立in名古屋

HOME » 名古屋で会社設立 » 会社設立にかかるスケジュール

会社設立にかかるスケジュール

会社設立にかかるスケジュールは、2週間ほどが基本です。
名古屋では起業する方も多く、そのサポートサービスなども多いですが、起業を決意した翌日にすぐ会社を作れることはありませんので、そのつもりで予定を立ててください。

これだけの時間がかかるワケは、まず会社設立の最後のステップとなる、登記に入るまでにも手間がかかるからですね。
ほとんどは定款の作成とその認定手続きになるでしょうが、これらも自分一人でやると手間取ることの多い手続きです。
仮にサポートの手を借りたとしても、これら書類に載せる項目は自分で決めないといけないため、結局ある程度の時間はかかることが多いですね。

会社設立手続きの最後のステップとなる登記に進むまでに、だいたい1週間ほどかかる例が多いです。
そして残りの1週間は、登記の手続きが終わるまでにかかる待ち時間です。
登記の手続きは法務局の側で申請を処理しますが、これは基本的に数日かかります。
どれだけ早くても3〜4日ほどかかることが多く、少なくとも即日で終わる例はほぼありません。
だいたいは1週間ほど待つのが基本となっています。

これらそれぞれの手続きを合わせて、会社設立の手続きが終わるまでに2週間ほどかかるワケです。
ちなみにこれは各手続きがすべて問題なく進んだ場合のスケジュールです。
問題があれば、もっと時間がかかることになりますね。

自分で手続きしたときに多いですが、作成した定款に問題があったり、申請に必要な添付書類に不備があったりと、なにかと手間取ることは多いです。
こうなるとそれぞれの手続きが1回で終わらず、再提出なども必要になりますから、会社設立が終わるまでに2週間以上かかる場合もあるでしょう。
専門家の力を借りず、基本的に自力で手続きをする場合は、2週間ほどを目安としつつも、最長で1ヶ月ほどは会社設立の完了を待てるくらいのスケジュールを立てておくと安心です。

確実に2週間ほどで会社設立を完了したいときや、可能な限り早く会社設立をしたければ、代行サービスなどを使うといいでしょう。
名古屋にはこれらサービスは多く、できるだけスムーズに起業できるようにサポートしてくれます。