会社設立に必要な準備とは - はじめての会社設立in名古屋

HOME » 名古屋で会社設立 » 会社設立に必要な準備とは

会社設立に必要な準備とは

会社設立に必要な準備とは、定款に載せる情報の決定が基本ですね。
これができないと、会社設立の手続きがなかなか進みません。
これは代行サポートなどを使ったときも同じで、まずこれが終わらないと手続きは何も進まないんです。

ココで決めるべき情報とは、たとえば社名などです。
会社設立の手続き自体は代行をお願いできますが、これから作る会社の名前までお任せで決めてもらえることはありません。
これから起業する方としても、ココは自分で決めたいところですよね。
正式には商号といいますが、社名にも決め方があります。
特殊な記号などを社名に含めることはできないといった基本に加えて、同じ住所にある会社の社名や、他社と似ている社名も使えません。

似たような社名があるかどうかは、インターネットで検索すればわかりますね。
特に有名な大手企業と似ている社名はあとでトラブルになったり、手続きのときに社名が原因で申請が却下されたりする恐れもあります。
そうならないように、オリジナルの社名を決めてください。
なお、特定の部署名だと誤解を招いたり、実際の事業内容とは異なる、特定の事業内容だと思わせる社名も使えません。
この点にも注意してくださいね。

社名のほかには、その会社の住所も決めないといけません。
正式には本店所在地といいます。
これも定款に載せる基本情報で、コレが決まっていない状態での会社設立はほぼ不可能です。

このように会社設立にあたって、事前に決めておきたい基本情報がたくさんあります。
これらを問題ないように1つずつ確定していくのが、会社設立の基本的な準備になるでしょう。
これらが決まれば、自分でも定款の原稿は作れますし、プロに任せればスムーズに作ってもらえます。

このように定款作成の準備が整ったら、あとは法人用の印鑑を用意しておきましょう。
これは通販でも購入できますので、問題ない社名が決まり次第、購入しておくと会社設立がスムーズになります。
ちなみに社名は印鑑に掘り込みますから、社名が決まってからコレを購入するようにしてくださいね。