名古屋で独立法人を作るには? - はじめての会社設立in名古屋

HOME » 名古屋で会社設立 » 名古屋で独立法人を作るには?

名古屋で独立法人を作るには?

名古屋で独立法人を作るための基本は、名古屋の中で起業地を選ぶことです。
特定の地域での起業にこだわるなら大事なポイントですので、必ず確認しておきましょう。
このエリアの中で起業地を作れれば、具体的な場所は特に問われません。
オフィスビルの一角でも構いませんし、それとは全然関係のない、賃貸アパートの一室でもOKです。

どこでも構いませんが、これから作る独立法人の住所が必ず名古屋の中になっていることに注意してください。
これさえできれば、その独立法人の所在地は名古屋となり、このエリアでの起業に成功するわけです。
もしこれができなかった場合でも起業自体に影響はありませんが、少なくとも名古屋での起業にはなりません。

その独立法人の所属するエリアは、その法人が本店所在地として指定した住所が基準になります。
その会社を立ち上げた方の現住所や出身地などとは、特に関係ないんです。
つまり名古屋が生活圏になっている方や、出身地となる方でも、名古屋の中を本店所在地とする会社を作れなければ、他の地域で起業したことになります。
逆に、これまでまったく名古屋に縁がなかった方でも、名古屋のどこかに本店所在地を置く会社を作れば、名古屋で起業したことになりますね。

このようにどこを本店所在地にするかで、起業したエリアが決まります。
そして一度決めた本店所在地を、会社設立の手続きを進める中で変更するのは難しいですから、名古屋での起業を強く希望するなら、本店所在地には最初から注意しておくのがオススメです。
その独立法人の本店としても問題のない住所を、早めに押さえておくといいでしょう。

会社の住所としても問題ない住所は、個人用の住居よりも限られます。
ビジネス用のオフィス物件なら問題ありませんが、主に個人の住居用の物件など、事務所利用は禁止されている場合が多いからです。
ココを見落としていると、あとで本店所在地を変更せざるをえなくなります。
そのときに名古屋の中で別のオフィスが見つかればいいですが、そうでないときは、その独立法人の所属エリアが名古屋以外になってしまうワケですね。
あとでこうならないように、名古屋での起業の基本として、きちんとした起業地を早めに決めてください。