手続きの注意点 - はじめての会社設立in名古屋

HOME » 名古屋で会社設立 » 手続きの注意点

手続きの注意点

名古屋では起業サポートなども多く、会社設立も比較的やりやすいエリアですが、ココで知っておきたい手続きの注意点をご紹介しましょう。
まず、会社設立の手続きにも一定の費用がかかります。
手続きを進める中でコレを払う必要がありますから、必要な金額は事前に準備しておきましょう。

具体的に必要な金額は、株式会社の場合で20〜24万円ほどです。
合同会社の場合は6〜10万円ですね。
これから会社を作ろうと思う方にとって、それほど用意が難しい金額ではないでしょうが、これがないと会社は作れません。

コレに気を付けたいのは、近頃はお金がなくても会社を作れるとよくいわれるからです。
そのワケは資本金が無理に必要なくなったからですね。
もちろん全く必要ないわけではありませんが、最低金額は1円だけです。
これだけのお金があれば、少なくとも手続き時に会社設立の申請を却下されることはありません。
ですから起業にお金は不要と思われがちですが、手続き時にいくらかのお金が必要ですから、これから作る会社の種類に合わせて、いくらかの手数料は用意しておきましょう。

あとは手続きをする公的機関の場所に注意してください。
事前に手続きする場所を調べておくと安心です。
その場所とは、定款に載せる本店所在地を管轄する場所になります。
手続きをするのは、公証役場や法務局など、普段はあまり使う機会のない場所です。
市区町村にある役場のように、それぞれの地域ごとにこれら機関があるのですが、その中で自分がこれから作る会社の本店所在地を管轄する場所を探してください。

東京や大阪など、他のエリアに住んでいる方でも、名古屋で会社設立するなら名古屋の機関での手続きが必要です。
現住所の最寄の機関が名古屋を管轄する場所でない場合、そちらは提出先になりませんし、手続きに関する相談も受け付けできない場合があります。
間違えないように気を付けてくださいね。

会社設立にあたって、以上のような注意点があります。
これらに気を付けると会社設立もスムーズになりますから、よく確認してくださいね。