会社設立で考えたい相続対策 - はじめての会社設立in名古屋

HOME » 名古屋で会社設立 » 会社設立で考えたい相続対策

会社設立で考えたい相続対策

 

・会社設立と相続について
会社設立をする場合、相続対策なども考えておきたいところです。
一見すると会社設立と相続対策は関係ないと思っている方が多いかもしれません。
しかし、実際に相続対策として会社設立を行うという方もいますし、逆に会社設立をしたからこそ相続対策が必要となってくるということもあります。
それぞれの状況によって変わってくるので、しっかりと考えておきたいところです。
ちなみに、日本では相続に関しても税金がかかり、その金額はかなり大きくなることもあります。
相続対策として会社設立を考えている場合も、会社設立したが故に相続対策を考えている場合も、しっかりと対処していくことが必要となります。

 

・相続対策として会社設立を行う場合
相続税というのは、基礎控除として3,000万円と相続人1人当たり600万円が用意されています。
しかし、被相続人の資産や財産がある場合の他、その基礎控除を超えない限りは相続税がかかってくることもありません。
つまり、何かの資産や財産を残すのではなく、会社設立などを行ってそちらに投資すれば、相続税の非課税となる場合もあるのです。
そもそも費用などが大きく、負債を抱えている場合は相続税もかかりません。
借金やローンなどのコストも同様であり、会社設立は相続対策としては有効です。
もし相続対策を考えているという方は、会社設立をしてみるというのも良いかもしれません。
そこもしっかり考えて対処していくことによって、より安心できます。
ただ、相続対策として会社設立をする場合は、その後のことも考えなくてはなりません。
いくら相続対策とは言っても、実際に会社設立をする場合は手間も面倒もかかります。
特に手続きや申請に関しては難しいことも多いでしょう。
その場合は、税理士などの専門家他、司法書士や行政書士も活用してみてください。

 

・会社設立をしたからこそ相続対策が必要となった場合
会社設立をすると、当然ですがその会社の株などを所有することになります。
もちろん、株式会社の場合に限りますし、株主が自分ではないことも多いです。
ただ、会社として資産や財産を所有している場合は、相続税の課税対象となることもあります。
つまり、会社設立をしたからこそ、相続税がかかってくるということもあるのです。
そちらもしっかりと対策することが必要となります。
なお、会社設立に関しては被相続人がどのような立場なのかによっても変わってきます。
それらの確認も含めて、生前に必要な手続きは行っておく必要があるでしょう。